自己破産手続きで自分の借金に関して保証人が存在する場合は、あらかじめ相談しておいたほうがいいでしょう。もう一度、改めて言いますが、保証人となる人物を立てているときは自己破産の前によくよく考えなければいけません。つまりは今あなたが破産手続きを取って免責されるとその人たちがあなたが借りた返済義務をまとめてかぶる必要が生じるからです。やはり、自己破産以前に保証人である人に、それらの詳細やおかれた現状を報告しつつ、謝罪をしておかなければいけないでしょう。これらのことは保証してくれる人の立場から見ると求められることです。みなさんが破産手続きを取るのが原因で、まったなしに高額の支払い義務がふりかかってくるわけですから。そうして、以降の保証人になってくれた人の選べる道は4つになります。1点目ですが、保証人となる人が「全額支払う」ということです。保証人がその数百万ものカネをポンと返せるほどの貯金を持ち合わせていれば、これができるでしょう。でもその場合自分は破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えてもらって、自身はあなたの保証人に毎月返済していくという選択肢もあるのではないでしょうか。その保証人が借金をした人と親しい関係にある場合は返金期間を延ばしてもらうこともありえます。たとえひとまとめにして返金不可能だとしても、金融業者も話し合えば分割での返済に応じるかもしれません。保証人に破産宣告を行われてしまうとカネが全然弁済されない可能性があるからです。保証人がもし債務者のお金を代わって払う経済力がなければ、お金を借りたあなたとまた同じく何らかの方法による借金を整理することを選ばなければなりません。続く方法は「任意整理」による処理です。この手順では貸金業者と話し合う方法によって、3〜5年の年月で弁済していく形になります。依頼する際のかかる費用は1社につきおよそ4万円。全部で7社からのローンがあるとしたらおよそ28万円必要です。また貸金業者との話し合いは自分でしてしまうことも不可能ではないかもしれませんが、債務処理に関する経験のない人の場合向こうが自分たちにとって有利な提案を勧めてくるので気を付ける必要があります。ただ、任意整理をするという場合もあなたは保証人に借金を負担してもらうことになるわけですから、あなた自身は長くかかるとしてもその保証人に返済をしていくべきでしょう。3つめですが保証人も借金した人と同じく「破産手続きをする」場合です。保証人となる人もあなたとともに自己破産をすれば、保証人である人の借金もなくなります。しかし、保証人がもし土地建物等を持っている場合はその資産を失いますし、法令で資格制限のある業界にいるならば影響がでます。次の個人再生を活用するといいでしょう。4つめの方法としては「個人再生をする」ことです。マンション等の不動産を手元に残しつつ債務整理をしていく場合や自己破産では資格制限がある職についている方に検討していただきたいのが個人再生による処理です。この方法なら、自宅は残りますし、破産手続きの場合のような職業の制限資格にかかる制限が何もかかりません。

Copyright © 2002 www.civilwarcincy.com All Rights Reserved.