この任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは違い自賠責保険の範囲内でまかなえない補償を受ける重要性の高い保険です。

この任意保険に関しては自賠責保険の上級保険という意味合いで役に立つものですので、自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を上回った場合に登場します。

さらに自賠責保険だけでは物的損害に関しては補償を受けることができないのでそこのところをまかなう際にはさらに任意保険にも入る必要があります。

現段階で任意保険を支払っている車を処分する場合は国産メーカーの車もしくは外国の車などことは例外なく残っている分が戻ってきます。

国産メーカーの自動車を処分するケースについても同じです。

自賠責保険の場合は通常放っておくのが常識になっていますが任意保険というものは皆が加入する保険ではないですから解約をすることになります。

さらに、任意保険をキャンセル後は残金が返ってくることになります。

中古車売却が成立したと言ってもすぐさま任意保険の契約をキャンセルすることはリスクが高いです。

もちろん、即中途解約するとその分返ってくる保険料は増えますが、もしかしたら中古車専門店が離れた地域にあるため、自ら持っていくということになった際は、任意保険に入っていない状態で車の運転をする必要があります。

万が一のリスクに備えて絶対今後自分で車の運転をしないと言い切れるまで保険の中途解約の手続きはすることがないようにする必要があります。

自動車を手放してまたすぐに新しい車を買うのでしたら構わないと思いますが、もし運転をしない状況が継続して任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の期間がある場合、前に継続していた任意保険の等級が下がり、任意保険の保険料が増額されることがあります。

そういった場合では「中断証明書」というものを出してもらうようにする必要があるんです。

この「中断証明書」があれば、一定期間は契約解除前の保険の等級を引き継ぐことができます。

それから、13ヶ月以内ならば出してもらうことができますので仮に今現在でクルマを手放していて、「中断証明書」というものを発行されてもらっていないのでしたら、その代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。

もしもあなたが新しく自動車を購入することになって購入した後に前に持っていた中古車を買取に出すのならば契約は片方のみの契約になります。

任意保険の更新という処理になるため、運転しなければならない車の場合は買い取りの際まで注意が必要です。

また、任意保険の保険料は自動車の種類で額が少し変化してきますから愛車売却の時は任意保険そのものを見直してみる良い機会と考えられます。

Copyright © 2002 www.civilwarcincy.com All Rights Reserved.