思いがけず起こってしまうのが交通事故です。仕事 辞めたい アフィリエイト

そこでどんな風に処理するかにより保険金の支払いも全く変化する状況もあるので間違えない決断力と行動力が必要です。

考えていない出来事に出会って混乱してしまったら状況を逃してしまい、この先自分自身がかなりの損をしてしまう時も予測できるので自動車の事故を起こしてしまった時には正しく次の行動を行います。

自動車の事故をした場面で第一にするべき事は重軽傷者がいるかどうかの確認です。

自動車事故後すぐは頭の中が真白になってショック状態になってしまう場面があり容易に動けないのが通常です。

ですので、怪我をした方がいたら安全なところへ移してできる限りの処置を行い、周りの人に助けを求める等怪我人最優先に努めることが大切です。

救急車を呼ぶ時には的確な事故があった場所を伝えて不確かな場所では周辺の分かり易いデパートや町名を伝えて事故の場所が分かるようにします。

その後で110番へ通報して、自動車事故があった旨と現在の状況を説明します。

救急車と警察の到着を待っている間に負傷者の内容を調べます。

姓名、住んでいるところ、TEL番免許車のプレート事故の相手側の自動車保険の会社名のような互いの身元をやり取りします。

この時相手側に違反が存在する時には現場で解決しようとするケースがありますが事故現場で処理するのではなくどんな場面であれ110番や保険会社に連絡して、チェックしてもらう事が必要です。

互いの情報を交換したら他の人のさまたげになることをやめるために障害になる物を道の上から排除します。

万が一障害になる物が通りかかった人の邪魔となっている時には、自分と相手の情報を交換するより先にこの作業を終わらせてしまっても大丈夫です。

次に自分自身の入っている保険会社に電話を入れ、交通事故が発生したことを電話します。

自動車の事故から特定の時間内のうちに自動車保険の会社に報告していないと自動車の保険の適用されないケースもあるので可能な限り速やかに連絡することが重要です。

出来るのならば事故現場の証拠になるようにデジタルカメラや携帯のカメラなどで状況や自動車の破損状態の写真を撮影しておきます。

これは過失がどのくらいあるのか決める際にかなり大きな役割となるので、自分自身のクルマや相手のクルマの破損状態を正確にカメラに残しておきます。

その時に目撃した人がいたのならおまわりさんや保険屋さん到着するまで事故の現場に待機してもらうようお願いするのも大事です。

Copyright © 2002 www.civilwarcincy.com All Rights Reserved.